*

【Dory Balloon オーナー 金久 真希 さん】夢と笑顔をバルーンに乗せて♪

      2018/07/22

皆さん、こんにちは!

 
三田市で輝く人にスポットライトを当てる、【SANDA-LIFE CHANGE】 の 安井です♪

 
今回は、三田市で はじめての バルーン専門店 Dory Balloon(ドリーバルーン)』 オーナー 金久真希 さん と 対談させていただきました♪

 

 

Dory Balloon

 

三田市でお店を始めたきっかけから、ちょっとしたプライベートな質問など、ぐいぐい聞いてきました♪
安井(以下:やす):「今日は、よろしくお願いいたします。まず初めに来店するだけでテンションが上がってしまいそうな、
こんな素敵なお店を始められたきっかけは何だったんですか?」

 

金久さん(以下:かね)「よろしくお願いいたします。実は、短大卒業後は、ごくごく普通に大阪のアウトソーシング会社でOLをしていました。
6年ほど勤め、主に研修や教育などを担当させてもらっていました。
でもある日、ちょっと疲れたので、少し休憩しようと地元の篠山市に戻りました。」

 

Dory Balloon1

 

やす:「20代後半って、そんな時期が来ますよね。私もそうでした(><)」

 

かね:「でも、そろそ何か始めなきゃなと思った頃に、縁で地元企業に勤め始めたのですが、
ある日、妹が母にバルーンのプレゼントを送ったのをみて、これだと!思たんです。」

 

Dory Balloon

 

 

やす:「金久さんの中のバルーンが膨らんだ瞬間ですね(笑)」

 

かね:「(–;)   で、早速調べて大阪と東京に1か所ずつだけバルーンスクールをしているところを発見したのですが、
開講日が平日の夜で、仕事終わりでは間に合わないし、するなら中途半端は嫌だと、その時の仕事を辞めて、スクールにすぐに通い始めました。」

 

Dory Balloon

 

やす:「そういうスクールがあるのですね!勝手に独学だと思っていましたm(__)m」

 

かね:「はい、初級・中級・上級とクラスが分かれていて、私は初級のクラスから受講したのですが、
初めての授業で、バルーンにガスをいれたり、ただ空気入れで空気を入れただけなのに、すごくテンションが上がったのを今でも忘れません!」

 

Dory Balloon3

 

やす:「さらに、金久さんの中のバルーンが膨らんだ瞬間ですね(笑)本当に自分に合ったものと出会った瞬間は衝撃ですよね!では、それら受講後に、このお店のオープンを?」

 

かね:「(–;)   いえ、その後は、バルーンをもっと色んな人に知って、喜んでもらいたくて、イベントなどに呼んでもらい手売りをしていました。
ここでお店ができているのには、急展開な縁がありまして。」

 

写真 2015-05-05 11 41 20

 

やす:「そこが今回の山場ですね(笑)」

 

かね:「(–;)    ある日、三田市の銀行に行ったのがそもそもの始まりで(当時、篠山市には金久さんが使う銀行がなかったため)、その帰り道、ふと目に着いたのが不動産屋さん。
もしテナントとかって借りたらいくら位するんだろう?と聞いてみようと軽い気持ちで中に入ったのが急展開の始まりでした。」

 

 

やす:「じゃあ、もし当時その銀行が篠山市にあったら、このお店は存在していなかったかもってことですよね?」

 

かね:「そうですね、でも篠山市の私からすると、三田市は都会!っていうイメージがあったので、三田市でしてみたいなという思いはありました。
でも、その時は、ホント何も知らなかったのでちょっと相場を聞くだけと思って中に入ったんです。」

 

Dory Balloon2

 

 

やす:「家賃とかならまだしも、テナント料なんてなかなか意識することないですし、想像もつかないですからね。」

 

かね:「バルーンのお店をしようと思ってることを伝えると、ちょうどここのMクラスガーデンが建設予定になっている時で、そんな珍しいお店は是非是非!というような具合で、
勝手どんどんに話が進んで、担当者さんが私が止めるのも聞かず、その場でオーナーさんに連絡、次回会うことになったんです。」

 

 

やす:「半ば強引な感じだったんですね(笑)でもふと入っただけなのに、オーナーさんと合うまでその日に決まってしまうなんてホント急展開ですね(><)」

 

かね:「はい、私はその資料さえいただければ良かったのですが・・・。でも後日、実際にオーナーさんと会って話をしたり、完成予想図などを見せてもらったりして、
今までそんなのを見たこともなかったし、夢が膨らむ話に舞い上がってしまい、その日、家に帰るなり両親に『お店します!』と言っていました(笑)」

 

Dory Balloon

 

やす:「確かに、当時の三田市にこんなテーマパークのような建物ができ、その中でバルーンを売れるなんて、願ってもないチャンスの巡り合わせを感じますよね。
でも、ご両親は心配されませんでしたか?」

 

かね:「もちろん反対されました。でも自分の資金でするんだし、一度はそんな夢のようなことをしたっていいんじゃないかなと思い、決断し、今に至ります。」

 

Dory Balloon4

 

やす:「でも、その大きな決断のおかげで、私を含め、今ではプレゼントするならDory Balloonさんのバルーンだ!っていう人が急増しているわけですね♪
子供だけでなく、大人も、老若男女誰にプレゼントしても今まで見たことないくらいの笑顔になってくれます♪
私たちとしては、その強引なきっかけに感謝ですね♪」

 

かね:「お花やアクセサリーもとても喜ばれますが、バルーンはその両方を兼ね備えていると思っています。
プレゼントする方をイメージし、バルーンや色選びのご相談にのり、ご予算内で花束に負けないアレンジさせていただきます。
さらに、バルーンは生花とは違い、アクセサリーのように、いつまでも美しさが長持ちし、プレゼントされた当時の記憶を常に残せます。
ご出産、お誕生日、ご結婚、ご退職、クリスマス、バレンタイン、母の日、父の日、どんなシーンにでもバルーンなら間違いなくお喜びいただけます♪」

 

Dory Balloon5

 

やす:「ホントそうですよね。私もよく利用させていただいていますが、みんな間違いなくとびっきりの笑顔になります!
しかも、私なんか自分用にも購入させていただいたのですが、1年経った今でもちゃんと空気が入ったまま飾れています♪
そんなバルーンで三田市中に笑顔を広げるDory Balloonさんのちょっと強引で素敵な縁のきっかけ話を聞かせていただき、本日は、ありがとうございました!」

 

 
ここからは、もう少し金久真希さんのお人柄をご紹介しちゃいます♪

 

 
篠山市出身の金久さん、三田市歴は、約3年半とのことですが、三田市の印象は、都会!!と言ってくださいました♪
そして、人が多いし、イベントが多い!
自分で何かをする、しようとしている人(特に女性)が多い、という印象を持ってくれているそうです♪

 
三田市の印象、急上昇中です(^0^)

 

 

Dory Balloon

 

そんな金久さん、バルーンのスクール時代は、マッサージなどのアルバイトもしていたそうで、オープンまでには色んな苦労もあったとのこと。
スクールでは、バルーンドレスの技術を一番学びたかったのですが、そこでは学べず・・・

 

 

その後、素晴らしい先生を見つけ、バルーンドレスの技術も学んだそうです♪

 

 

バルーンドレス!
これがとても素晴らしく、なかなかお目にかかれる代物ではないのですが、結婚式やイベントなどに合わせてご依頼すれば作ってくださるそうです♪

 

いつかは、バルーンドレスを用いてファッションショーもしたいと、目を輝かせていました♪
お店がお休みの日は、主に仕入れをしに行くという、金久さん。
自分の目で見て購入するスタイルは一流の料理人のようですね。

 
それ以外にも、イベントの飾りつけや配達など、お店がお休みでもお忙しいようで、
だからこそでしょう、何もない日は出来るだけ時間や予定に縛られず、思いつくままにダラダラ過ごしたい、何より寝ることが大好きだそうです(笑)

 

 

そして、辛い食べ物が苦手だということで(眠気が覚めて大好き睡眠の妨げになるからでしょうか?笑)、それ以外は何でも大好き!
特にお味噌汁や・サツマイモなど落ち着く和食が好きだそうです♪
確かに、睡眠に良さそうなものばかりです(笑)

 

 

 

金久さんに、差し入れを持っていく時は、辛い物やものや目の覚めるようなものは控えてくださいね♪

 

 
最近の好きな言葉は、『ありがとう』
シャイな一面から、なかなか言えなかった『ありがとう』が最近は言えるようになり、
さらに、よく『すみません』と言っていたところを、最近は『ありがとう』に変換して言うようにしているそうで、
そうすることで、周りの人がより笑顔なったと喜ぶ、とても物腰の柔らかい金久さん。

 

 

 

でも、接客はどうも苦手で、なかなかお客様に積極的に行けないそうです。
来店された際も、もしかしたらなかなか声をかけてもらえないかもしれませんが、
決して不愛想なわけではなく、ゆっくり見ていただきたい、その邪魔をしたくないという思いからなので、

 
何かお困りやご相談の際は、気軽に聞いてください!とのことです♪

 

 

 

 

とっても話しやすい方ですので、遠慮なくどんどん質問や相談をしてみてくださいね♪

 

 

 

Dory Balloon7

 

(写真提供:市野哲也カメラマン)

(一部、安井。下手な写真は私です、すみませんm(__)m 腕磨きますm(__)m)

 

 
対談風景の動く映像は、こちら♪

 

 

 

(Dory Balloon(ドリーバルーン)さんのご紹介はこちら♪)

 

 

 

 

 

 

 

★金久真希さんがオーナーの【Dory Balloon】さん

兵庫県三田市けやき台3丁目73 エムクラスガーデン三田2F
営業時間/10:00~18:00
毎週月曜日 定休
TEL079-567-1280
ホームページ http://dory-balloon.com/
Facebook https://www.facebook.com/doryballoon

 - バルーンショップ, 三田市